お問合わせ

過去情報「DNAバンク」とはDNAバンク研究概要DNAバンクへの登録レインボー・ブリッジクラブ
トップページ > DNAバンクの研究概要


DNAバンクの研究概要

DNAバンクでは精神疾患のDNAの抽出、保存、解析を行っています。

研究内容としては共同研究への参加のほか、薬物療法における反応性・副作用発現との関連を調べる薬理遺伝学的研究を行っており、例を挙げますと

@ 統合失調症における非定型抗精神病薬の反応性・副作用発現とドパミン、セロトニン関連遺伝子
   (DRD2 TaqTA遺伝子多型、DRD2 -141C Ins/Del遺伝子多型、5HT2AR T102C遺伝子多型、
   5-HTTLPR遺伝子多型など)
A 気分障害の薬物療法における反応性・副作用発現とセロトニン・ノルアドレナリン系遺伝子多型
    (5HT2AR T102C遺伝子多型、5-HTTLPR遺伝子多型、NET T-182C遺伝子多型)

などを主に行っています。このほか薬物代謝酵素CYP450遺伝子多型などの解析も行っており、今後も統合失調症、気分障害を中心に薬理遺伝学的研究を進めていく予定です。

DNAバンク登録者数

403名 (平成24年11月現在)

DNAバンク 累積登録者(検体)数

DNAバンクの保存状態の写真


DNA解析


DNAの抽出の様子